CALENDAR
2017.05.
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
On and Off

大阪市東成区 森ノ宮・玉造の歯医者 須田歯科のブログ。臨床や臨床を離れた日常生活で見たこと・聞いたこと・感じたことなど・・

2008.08.04 Mon
健康保険の前歯のカブセモノ、「硬質レジン前装冠」の症例です。「硬質レジン前装冠」は保険診療上のルールで、前歯つまり糸切り歯から糸切り歯の範囲でしか適用されません。

「前歯のかぶせものの形と色が変なので新しく作り変えて欲しい」。50代女性。
このケースでは前歯4本をやりかえます。先がすり減って元々は見えないはずの金属のフレームが露出し始めています。
zensou3.jpg

装着後。キレイに仕上がりました。
zensou4.jpg
かみ合わせの方向から見たところ。内側に金属のフレームがあり、表側の見える部分に硬質レジンが貼り付けてある(=前装している)のがわかると思います。
zensou5.jpg
さらに裏側から見たところ。この金属の部分に下の歯が咬み込みます。この部分が硬質レジンだとすぐに割れてしまいます。すべて真っ白な「硬質レジン前装冠」は耐久性上、無理だということです。
zensou6.jpg
再び前から。クリックで拡大します。
zensou7.jpg

硬質レジン前装冠のメリットは保険がきくので廉価で見た目の回復ができる、ということです。
デメリットは年数がたつと変色する、着色する、欠ける、割れる、すり減る、などです。
硬質レジンはあくまでも樹脂ですから、表面に傷がつきやすく、喫煙する方や、コーヒーやワインなど色素の多い飲み物をよく飲む方では着色が早くなります。

変色や耐久性に関してはメタルボンドやオールセラミック、オールジルコニアの方が優れているのは言うまでもありません。

「硬質レジン前装冠」については当ブログで以前に
4月の診療より-硬質レジン前装冠という記事でも紹介していますのでご参考までに。
関連記事

NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET  管理者にだけ表示する
TOP

TRACKBACK URL

TOP

Copyright © On and Off All Rights Reserved.

Material & Designed by 歩いた先には潰れた銀杏

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析