CALENDAR
2017.11.
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
On and Off

大阪市東成区 森ノ宮・玉造の歯医者 須田歯科のブログ。臨床や臨床を離れた日常生活で見たこと・聞いたこと・感じたことなど・・

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.06.26 Thu
久しぶりの音楽ネタです。

数ある洋楽のアーティストの中で一番好きなアーティストをあげよ、と言われると間違いなく「スティーリー・ダン」をあげます。混沌とした浪人時代、何気なく友人から「ええよ」と言われて貸してもらったカセットテープがスティーリー・ダンのCan't Buy A Thrill というアルバムでした。中学の頃にギターを始めた関係上、洋楽、邦楽、クラシック、ジャズ、フュージョンなどなど、あらゆるジャンルの音楽に興味を持ち聴きまくっていた時期にあって、自分の感性をくすぐるというか、「何じゃ、これは!?」という気持ちにさせてくれたアルバム。

その後スティーリー・ダンのアルバムをいろいろ聴きまくりましたが、どのアルバムも絶妙のアンサンブルとタイトな演奏、そして何とも言えないコード進行にドナルド・フェイゲンのあのヴォーカルがかぶせてあって心地よく、ますますスティーリー・ダンが好きになったのでした。

スティーリー・ダンの代表作といえばAjaとされていますが、私はGauchoがベスト。当時はデカダン(ス)の極みとかいうキャッチフレーズがついていましたかね?オープニングのBabylon Sistersがイイ。サビの部分のコーラスが何とも言えない良い味を出しています。3曲目のGlamour Professionはフェンダーローズピアノがメインで使用されてますがフェイズされた音色が不思議なコード進行の曲調とマッチしていますね。そしてこの曲もサビのコーラスがいいです。このような楽曲を作れるスティーリー・ダンというのはやはりすごいと思います。

GauchoGaucho
(1993/12/11)
Steely Dan




↓いつも応援ありがとうございます!
FC2ブログランキング

にほんブログ村 歯医者
にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ
関連記事

NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET  管理者にだけ表示する
TOP

TRACKBACK URL

TOP

Copyright © On and Off All Rights Reserved.

Material & Designed by 歩いた先には潰れた銀杏

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。