CALENDAR
2017.08.
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
On and Off

大阪市東成区 森ノ宮・玉造の歯医者 須田歯科のブログ。臨床や臨床を離れた日常生活で見たこと・聞いたこと・感じたことなど・・

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.06.20 Fri
歯にカブセモノをする時に、そのカブセモノがどのくらいもつのか?耐久性はどうなのか?ということが気になると思います。自費のカブセモノを選択する場合はなおさらかと思います。自費のカブセモノの中で最もポピュラーなものといえばメタルボンドですが、審美性と耐久性を兼ね備えており、優れたカブセモノです。しかしメタルボンドそのものはあまり変化しなくても、10年近く経つと歯を支える歯ぐきや骨が必ず変化します。そこでメタルボンドを装着してから年数が経過した場合にどうなっているのか、当院の症例にて紹介したいと思います。(装着当初の写真を撮っていなかったので現在の写真のみです)

上顎は右上の糸切り歯(画面では真ん中から左へ3本目)以外がメタルボンド。下顎は左右奥2本ずつ。平成11年に装着。60代後半(当時50代)女性。左上2番目(画面では真ん中から右へ2本目)のメタルボンドと歯ぐきの境目に注目。
mb200600.jpg

少し角度を変えて。白矢印部分の歯ぐきがやせて(退縮して)、もともと歯ぐきの中に収まっていたメタルボンドの縁(マージン)の金属部分が露出して黒っぽく見え、いわゆるブラックマージンという状態になっています。虫歯ではありません。
mb200607.jpg

右下奥の状態。矢印部分の歯ぐきが退縮しています。歯ぐきの退縮は老化現象の一つとして生理的におきますが、個々の歯を取り巻く環境や、間違った歯磨きなどによって、退縮のスピードや量が影響を受けます。特に硬い歯ブラシの使用や、強くこすりすぎるなど、過度のブラッシングによって歯ぐきの退縮は進みやすいと言われています。
mb200602.jpg

上顎をかみ合わせの方向から見たところ。クリックで拡大します。左右の奥歯はブリッジになっています。メタルボンドそのものには変色や欠けたりとかはありません。上顎の内側の歯ぐきは厚みがあるため、外側(唇・ほっぺた側)に比べて退縮しにくくなっています。
mb200603.jpg

パノラマレントゲン像。根っこの真ん中に見える白い筋は根管治療のなごりです。根を取り巻く骨には異常は見られません。
mb200608.jpg


ポイントをまとめると、

・9年経過したメタルボンドそのものには変色や破折などは見られない
・歯ぐきは生理的に退縮をおこす。退縮は生理的以外にいろいろな要因によって修飾される。
・そのため、何年後にどれくらい歯ぐきが退縮するかの予測は困難。
・過度のブラッシングによって歯ぐきの退縮が進む場合がある。
・メタルボンドの場合、歯ぐきが退縮するといわゆるブラックマージンという状態になることがある。
・ブラックマージンは同じく口の中でもすべてのメタルボンドでおきるわけではない

歯ぐきの過度の退縮がおきると、原則として元に戻りませんが、ブラックマージンは虫歯ではないので、見た目が気にならないようであれば、ブラッシングに気をつけてそのまま様子を見ればよいと思います。見た目が気になる場合は、やり替えることになりますが、その場合は金属のフレームのない、オールセラミック、オールジルコニア、ハイブリッドレジン・クラウンを選択するとよいでしょう。

当院のメタルボンドなど審美歯科解説ページは→こちらです。


↓いつも応援ありがとうございます!
FC2ブログランキング

にほんブログ村 歯医者
にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ
関連記事

NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET  管理者にだけ表示する
TOP

TRACKBACK URL

TOP

Copyright © On and Off All Rights Reserved.

Material & Designed by 歩いた先には潰れた銀杏

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。