FC2ブログ
CALENDAR
2009.08.
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
On and Off

大阪市東成区 森ノ宮・玉造の歯医者 須田歯科のブログ。臨床や臨床を離れた日常生活で見たこと・聞いたこと・感じたことなど・・

2009.08.29 Sat
どうも夏場というのは気力体力が奪われがちで、あまり好きな季節ではないです。
朝晩はやっと涼しくなってきましたが、まだまだ残暑は続きます。

しかし、オフはともかく仕事ではそうも言ってられませんから何らかの方法で自身にカツを入れないとダメですね。

色々な方法があるでしょうが、私が最近思いつき、やってみて効果の出ている方法があります。
それは全然難しい事ではなく、とてもシンプルな方法。


「ちょっとデカイ声を出してしゃべる」


ということです。

といっても耳障りになるほど大きな声を出すわけではありません。

普段より、適度にちょっとデカイ声を出す、ということです。

デカ声を出すと相手(患者さん)によく聞こえます。

自分の伝えたいこと、説明したいことが理解してもらえるようになります。

デカ声を出すと周り(スタッフ)にもよく聞こえます。

普段返事の声が小さなスタッフもデカ声で返事をするようになります。

デカ声を出すと自分自身にもエネルギーが満ちて来るように感じます。

テンションが上がります。

良い循環ができます。


そういえば政治家や芸能人など、いわゆる有名人は声のデカイ、デカくなくても声の良く通る人が多いですね。いかに自分をアピールするかが重要な方達ですから当然といえば当然。


「ちょっとデカイ声を出してしゃべる」、ということ。


私の知り合いが整骨院に通うようになって2回目に行った時、受付に診察券を出すとデカイ声で

「◯◯様来られましたああああああああ!!!!」

すると周りや中にいるスタッフが一斉にコーラスで

「こんにちはああああああああああああ!!!!」

その知り合いは引き引きになったそうです(笑

たぶん経営コンサルタントか何かに指導を受けたんでしょう。

居酒屋じゃないんだからここまでやるのはどうかな?とも思いますが、整骨院も客商売。元気なことは良いことだと思います。


「ちょっとデカイ声を出してしゃべる」、ということ。


職場に限らず家庭でも使えるかも知れませんね。

でも家でやったら家族に

「どうしたの急に?」

とか

「テンション高っ!」

って鼻で笑われそうですけど(笑


「ちょっとデカイ声を出してしゃべる」、ということ。


デカ声で職場にカツを!
スタッフにやらせるのではなく、自分がまず実行することがポイントです。
何をいまさらかも知れませんが、一度お試し下さい。

 いつも応援クリックありがとうございまああああす!    
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ 
にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ 


スポンサーサイト



Copyright © On and Off All Rights Reserved.

Material & Designed by 歩いた先には潰れた銀杏

  1. 無料アクセス解析