CALENDAR
2017.03.
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
On and Off

大阪市東成区 森ノ宮・玉造の歯医者 須田歯科のブログ。臨床や臨床を離れた日常生活で見たこと・聞いたこと・感じたことなど・・

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.02.28 Sat
ルシトーンを使った片側タイプのノンクラスプデンチャーの症例です。
当院ではポリカーボネート系のジェットカーボという樹脂を採用してきましたが、以前からナイロン系のルシトーンという樹脂もイイよ、と技工士さんや補綴科出身の先生に聞いていたので採用することに。

ナイロン系の欠点は修理やリライニングが困難または不可能ということですが、ポリカーボネート系より軟らかいので、取り外し等、患者さん自身での取り扱いは楽である、という利点があります。ただ軟らかいと、かみ合わせの力が逃げるので、硬い素材より、咬む効率は落ちます。わかりやすく言うと、硬い地面の上に置いた風船を上から押さえていくと破裂しますが、水の上では反作用が働かず、破裂しないということです。

ルシトーンはナイロン系の中で、よりジェットカーボに近い硬さを持っているため、顎堤(歯ぐきと骨)の吸収の少ない少数歯欠損のケースでは適用となると思います。

50代男性。地方に単身赴任中ですが毎月1回は帰阪来院され、歯のクリーニング等を欠かさない方です。右上の奥歯2本が欠損。
nc09022701.jpg
模型上でかみ合わせの方向から。個人トレーで印象(歯型)をとり、超硬質石膏で模型を作っています。コストはかかりますがより精度の良い入れ歯を作るため。妥協できません。
nc09022702.jpg
銀色の部分は「レスト」といって咬んだときの入れ歯の沈み込みを防止します。これが無いと入れ歯が歯ぐきに食い込んで痛みの原因になります。
nc09022703.jpg
実際の口の中で。左が未装着、右が装着したところ。
nc09022704.jpg
nc09022705.jpg

経過を診ていきたいと思います。
歯科衛生士の「流れ星」さん、コメントお待ちしています!

当ブログでのノンクラスプデンチャーのカテゴリーはこちら
須田歯科Web Siteでのノンクラスプデンチャーの解説はこちら


↓ いつも応援ありがとうございます!
FC2ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ

スポンサーサイト
2009.01.11 Sun
ノンクラスプデンチャーの症例です。歯を喪失して何とかしたいけどインプラントは予算的にちょっと、という方には健康保険の部分入れ歯より違和感の少ないノンクラスプデンチャーが好評です。

「保険の入れ歯を入れているけど、合わなくなってきたし、見た目も悪いので新しく作って欲しい」。60代男性。写真のように入れ歯の歯が短くすり減り、修理をしているため金属のバネが目立ちます。ノンクラスプデンチャーによる治療を希望されました。
nonclasp090101.jpg
斜めから見たところ。
nonclasp090102.jpg
入れ歯をはずした状態。
nonclasp090103.jpg
模型上でのノンクラスプデンチャー。上の前歯5本と、小臼歯2本(入れ歯では歯が小さいため3本)が欠損。
nonclasp090104.jpg
画面の右側の金属の部分は歯にパズルのようにはめ込み入れ歯を安定させます。
nonclasp090105.jpg
口の中に装着したところ。
nonclasp090106.jpg
装着時。正面観。一番上の写真に比べて見た目は良くなったと思います。
nonclasp090107.jpg
斜めから見たところ。患者様の希望もあり、下の歯はさわっていません。こういう歯並び、かみ合わせの場合は、かみ合わせをずらした所など、特に念入りにかみ合わせを調整します。
nonclasp090108.jpg

ノンンクラスプデンチャーは、健康保険で規定された材料とは全く異なる、耐久性や装着感に優れた材料(当院では安全性のことも考えて国産のもの)を用いるため、自費となります。
このケースの場合、7歯欠損ですからノンクラスプデンチャーの料金(費用)は当院では税込みで105,000円となります。

今後、ノンクラスプデンチャーに関しては現在進行中のケースの一部より、

・上の奥歯の片側処理タイプのケース
・インプラントをノンクラスプデンチャーの支台(支え)として利用したケース

などを治療の進行のタイミングを見て後日UPしたいと思います。

当ブログでのノンクラスプデンチャーのカテゴリーは → こちら
当院のノンクラスプデンチャーの解説ページは → こちら
当院の自費治療期間・料金表一覧のページは → こちら

ご参考まで。

↓ ランキング上位がブログ更新のモチベーションになります!クリックよろしく!
FC2ブログランキング

人気ブログランキング

2008.12.02 Tue
久々にノンクラスプデンチャーの症例です。最近、大阪市外や他県からノンクラスプデンチャーによる治療を希望され来院される方が増えています。ありがたいことです。今回ご紹介するのは、上顎の両側タイプ。70代男性。左側が1本、右側が3本歯が欠損しています。歯型は個人トレーを使って精密な型を採り、超硬質石膏を流し込み、精度の高い模型を作製します。
nonclasp70.jpg
模型にノンクラスプデンチャーを装着したところ。
nonclasp71.jpg
別角度から。
nonclasp72
さらに別角度から。
nonclasp73
取り外した状態。
nonclasp74.jpg
ひっくり返して内側から。非常に薄く、軽い感じがすると思います。
nonclasp75.jpg
口の中での状態。
nonclasp76.jpg
正面から。バネが無いので部分入れ歯が入っているのがわからないでしょう?
nonclasp77.jpg

ノンクラスプデンチャーは自費となります。費用は欠損歯数によって段階的に変わります。上のケースでは、4本歯が欠損していますから税込みで105,000円となります。

当ブログでのノンクラスプデンチャーのカテゴリーは → こちら
当院のノンクラスプデンチャーの解説ページは → こちら
ご参考までに。


↓ いつも応援ありがとうございます!
FC2ブログランキング

人気ブログランキング

2008.07.05 Sat
早いものでもう7月ですね。さて、片側タイプのノンクラスプデンチャーの症例です。

左上奥歯2本が欠損(画面では向かって右)。画面を見て「どこかで見たことがあるなあ・・」と思ったあなたはこのブログのマニアックな常連様ですねw 以前5月の診療より-ノンクラスプデンチャー(片側タイプ)で紹介した患者様です。当初は右下だけの予定でしたが、調子が良いので左上もノンクラスプにして欲しいということになりました。
nonclasp60.jpg

かみ合わせの方向から見たところ。入れ歯が完成し、装着する時は調整のため、患者様の横で入れ歯を削ったり、研磨したりするわけですが、そんな時の雑談が楽しかったりします。その方の意外な一面が見られたりして驚いたりすることも。
nonclasp61.jpg

模型上で。クリックすると拡大します。
nonclasp62.jpg

こういう少数歯欠損の場合は、インプラントも良いデスネ。

入れ歯にしろインプラントにしろメリット・デメリット、適用、費用などいろいろな条件があります。
よく説明を受けた上で治療法を選択しましょう。


↓いつも応援ありがとうございます!
FC2ブログランキング

にほんブログ村 歯医者
にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ

2008.05.27 Tue
前回片側処理タイプのノンクラスプデンチャーを紹介しましたが、その時の予告通り、歯が2本しか残っていない状態(多数歯欠損)でノンクラスプデンチャーを装着したケースをご紹介したいと思います。

この患者様は歌がお好きで、老人ホームなどに数人で慰問に行き歌を歌うサークルに入っておられ、歌を披露することを楽しみにしておられるのですが、今入れている入れ歯が上顎の天井部分を覆うタイプということと、時々はずれそうになるので、舌の動きを妨げ歌いにくいとのことです。「歌いやすい入れ歯をなんとか作って欲しい」。70代女性。

上顎は左上(画面では向かって右)に2本歯が残っており、下顎は前歯から奥歯にかけて歯が残っていますが上下の歯が咬み合っていません。こういうかみ合わせを「すれ違い咬合」といい、上下で力のかかる作用点がずれるため、慎重に咬みあわせを作る必要がありますし、定期的に入れ歯や歯ぐきを点検し、必要に応じて調整、補修、あるいはリライニングといって入れ歯の内側に継ぎ足しをする必要が出てきます。当方の使っているジェットカーボ樹脂はこの点をクリアしていますが、いわゆるフレキシブルデンチャーなどナイロン系の入れ歯は補修や継ぎ足しができませんから、使い捨てと割り切らない限りは、このような多数歯欠損、粘膜負担の入れ歯には不向きだと思います。

今回は一般的な入れ歯と比較して、コンパクトで動きにくいというノンクラスプデンチャーの利点を生かし、患者様の訴えの解決と、しっかりと食事ができるという入れ歯本来の目的が達成できるように設計しました。

上が旧義歯(金属バネ(赤矢印)付きの健康保険の入れ歯)、下が今回作成したノンクラスプデンチャー
nonclasp50.jpg

咬みあわせ方向から見たところ。上が今までの入れ歯、下がノンクラスプデンチャー。馬蹄形をしていて真中部分をくりぬいた設計になっています。これが舌の動きを楽にします。また、咬んでもはずれません。上のバネ付き入れ歯だとこの形にするとすぐはずれたり、割れたりするリスクがあります。
nonclasp51.jpg

模型上でノンクラスプデンチャーを側面から見たところ。クリックで拡大します。残った2本の歯を包み込んでいるのがわかると思います。がっちりホールドして入れ歯の動揺を防ぎます。
ホールドする分、入れ歯の取り外しに多少のコツが要りますし、術者側もその調整にコツがいります。
nonclasp52.jpg



歌がうまく歌えるようになったそうです。
何か温かいものが心にこみあげます。
ちょっとした喜びを分かち合える事がすごくうれしかったり・・・・


↓いつも応援ありがとうございます!
FC2ブログランキング

人気ブログランキング

Copyright © On and Off All Rights Reserved.

Material & Designed by 歩いた先には潰れた銀杏

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。